内定獲得!
29歳 職歴無しフリーターから就職 > 20代仕事探し > 20代フリーターから正社員になる!就活成功のポイント

20代フリーター 正社員になるには


フリーターから正社員になるには?

フリーターから正社員になる!

と決めたら行動する事が重要です。

早速、就職活動を始めよう!

と、求人サイトを調べて良さそうな企業を見つけて求人へ応募、でも良いのですが・・・やみくもに応募をしても「自分に合った会社、自分に合っている仕事」が見つからないかも可能性が高いです。

困るのは、見事に内定を獲得!就職を決めたものの・・・入社して仕事に就いてみたら、全然やりたい仕事では無かった。
既にもう辞めたい・・・結局、1ヶ月で早期退職。

またフリーター生活へ。

といったケースです。

ミスマッチが起きた原因は、事前の企業研究、企業が求める人材像、仕事内容をしっかり情報収集出来ていなかった事。

フリーターから正社員就職を目指す際、しっかりと事前に情報収集をする事が大切です。

情報収集に便利な20代フリーター向け就職支援サイトはこちらです。

今は人手不足の状況から、若手層、特に20代はフリーターからでも正社員就職はしやすい状況となっています。

せっかく正社員になるチャンス、この状況の間に自分にあった会社、自分に向いている仕事に就くために、就職活動を成功させるためのポイントについてみていきましょう。

フリーターから正社員へ中途採用、就職成功した人の共通点

就活のポイント

20代の間に行動している

未経験、フリーターから正社員就職を目指すのであれば、若い方が有利です。
身も蓋もない言い方ですが、29歳よりも27歳、27歳よりも25歳が就職しやすいと言えます。

仕事を探している人が企業・仕事を選ぶように、企業側も採用する人を選んでいます。

その選考判断の中には当然ですが、採用した後どれくらいの期間、正社員として活躍出来るかが含まれています。

また、若い方が吸収力も早いですし伸びしろもあります。

若い事は、それだけで有利。

実際、30歳を超えると未経験歓迎、学歴不問、フリーター歓迎といった求人はガクッと減ります。

応募出来る求人が見つからない ⇒ 就職がいつまで経っても決まらない ⇒ 1歳また年を取る ⇒ アルバイト先も見つからなくなってくる ⇒ 日雇いの仕事へ

といった負の連鎖に陥る事も予想されます。

募集、採用において年齢制限は禁止されてはいますが、現実的には未経験であれば20代を採用する、という企業は多いのです。

30代以上は即戦力のみ採用。

もし今、20代、29歳といった年齢であっても短期間で就職成功出来る可能性が高い方法もあります。

少しでも若い間に就職活動をスタートする事が正社員就職には重要といえます。

アルバイト経験を活かせる仕事を狙う

正社員採用されやすいケースとして、アルバイトを活かした仕事への就職もあります。

特に飲食業やサービス・販売に関連して求人を行っている企業の場合には、アルバイト経験をアピールすることで採用されやすいケースはとても多いと言えます。

企業側としても、全くの未経験者を採用するよりもアルバイト経験があり、バイトをした上で正社員としてキャリアを積みたい、もっと良い仕事をしたい!という熱意を持った人材を採用したいと考えるものです。

求職者としても、アルバイト経験を踏まえて自己アピールはしやすいですよね。

志望動機を作りやすい、アピールをしやすい、といったメリットもあります。

仕事に関連して資格を取得している

資格は客観的にあなたのスキル、能力を表してくれます。

就職を希望する企業の業務に関連した資格を取得していれば、採用を積極的に考えてくれる大きな要因となります。

もちろん取得が難しいほど、評価も高くなります。

就職したい業界、正社員として就きたい職種や仕事が定まっているフリーターの方で、時間も資格取得のための費用をかけられる方は、まずは資格取得を狙う方法も有りですね。

資格と言っても様々ありますが、何でも良いというわけではありません。

就職に役立つ資格に絞って、時間もお金もかける事が重要です。

事前の企業研究がしっかり出来ている

応募書類の作成、面接対策のためには応募先の企業研究がしっかり出来ている事が必要です。

時間はその分かかりますが、しっかり企業の業務内容、募集している職種の仕事内容を理解してから作る応募書類、志望動機はやはりアピール出来る内容となる場合が多いです。

企業研究がしっかり出来ていないと、他にも使い回しが出来そうな当たり障りの無い志望動機などになりやすいです。

「うちの会社に本当に入りたいと考えているんだな」

とアピール出来る内容にするためには、しっかりとした企業研究が欠かせません。

面接対策がしっかり出来ている

正社員就職するための最難関が面接です。

1次面接、2次面接まである場合がほとんどですが、いずれでもブレの無い答えをする事も重要です。

1次面接、2次面接の内容をメモ、突き合わせをしているケースもあります。
言っている事が違う、とならないように「事実を元にして答える」のが良いでしょう。

採用してもらいたい!と無理に背伸びをしたり、盛った答えをすると、話がずれやすいです。

面接では礼儀正しく、ハキハキと話す事も重要ですね。
第一印象も重要です。

面接対策にしっかり時間をかけて、準備をしている。

これも正社員就職に成功している方に多く見られる共通点です。

学歴不問、未経験歓迎の求人へ応募している

フリーターの方の多くは、職歴無し、社会人未経験ではと思います。

そうした場合、やはり中途採用されやすいのは「学歴不問・未経験者歓迎」の求人です。

経験が無くても「やる気や熱意」があれば採用を考えたい、といった求人を狙うのが就職成功への近道となります。

中小企業を狙って就職活動をする

上記で出てきた「学歴不問、未経験歓迎の求人」ですが、大企業よりも人手不足に困っている中小企業の方が多く見られます。

中小企業は社長との距離も近い事が多く、社員を大切にする企業も多いです。
対して、ブラック企業もあります。

事前の企業研究によって、見分ける必要はありますね。

社長が近い事で、考え方に感化されやすいためブラック企業に就職してしまうとなかなか退職出来ないと言った事も考えられます。

平均在職年数、離職率などは事前にチェックしておきたいですね。

フリーター、未経験からでも就職しやすい中小企業からキャリアをスタートして、正社員として経験を積み、その後改めて転職、といった流れも考える事が出来ます。

正社員として働く事が出来れば可能性は広がりますが、フリーターでいる場合にはずっとフリーター、下手をするとアルバイトも見つからなくなる年齢となってしまいます。

フリーター向け就職支援サービスを活用している

就職アドバイザー
フリーターから正社員就職に成功する人は、様々な就職活動のツールを利用しています。

直接応募、ハローワーク、フリーペーパー、色々と求人が見つかる情報源があります。

しかし、未経験やフリーターから正社員就職を目指すにあたり、就職成功率が高い方法はフリーター向け就職支援サービスを利用する方法です。

就職活動が初めて、自信がない・・・やり方が分からない、といった方でもしっかりサポートしてもらって、就職活動を進めていく事が出来ます。

就職相談をしながら、適性のある仕事、求人紹介もしてもらう事が可能です。

紹介される求人は「未経験歓迎、学歴不問、フリーター歓迎」が中心です。

フリーターから正社員就職を目指すにあたっては、欲しい情報が得られる就職支援となっています。

自力での就職活動にこだわる方には向かないですが、就職成功率を少しでも上げたい、早く就職先を決めたい、といったフリーターの方へとてもオススメです。

フリーター専門の就職支援サービス

こうしたフリーター専門の就職支援サービスですが、

⇒ 20代フリーター向け就職支援サイト

で詳しくご紹介しているように、

・DYM就職
・ジェイック
・就職Shop
・ハタラクティブ

などをオススメしています。

それぞれ対応エリアがありますから、利用可能な就職支援サービスを選ぶ事がまずは大切ですね。

拠点がある事で、そのエリア・地域の企業からの未経験者歓迎の正社員求人についての情報を得やすくなります。

30代フリーターになってしまうと、就職活動がさらに大変となります。

30代フリーターの末路など、調べた事がある方もいるかもしれません。
決して他人事ではなく、あり得る将来です。

就職出来るチャンス、年齢は戻りません。

正社員になる!と決めたのであれば、しっかりとした情報収集、出来るだけ早めの行動をオススメしたいと思います。

⇒ 20代フリーター向け就職支援サイト




キーワード