フリーター面接
29歳 職歴無しフリーターから就職 > 面接対策 > フリーター 面接が怖いどうしても苦手・・・対策方法

フリーター 面接が怖いどうしても苦手・・・対策方法


フリーター 面接 怖い

フリーターの面接対策

フリーターが正社員就職するために、必ず通らなければならない難関といって良いのが面接です。

良いなと思える企業からの求人を見つけて応募。履歴書など送付。

書類選考を無事に通過、いざ面接、となった段階で不安になる方は多いのではと思います。

面接はどうしても緊張するのは仕方ありません。
これで人生が変わる事もありますし、正社員就職を大きな目標とされている方もいるでしょう。

今までの就職活動で、幾つもの企業で書類審査は通るものの全て面接で落ちていて・・・といったフリーターの人も、次第に面接に苦手意識を持ってしまっている場合もあると思います。

また次の会社も面接で落ちてしまうのかな?

自分だけでの面接対策するのって、難しい

面接が怖い、どうしても苦手で・・・というフリーターの人は多いのではないでしょうか。

フリーターの面接対策はある程度、型があります。

緊張し過ぎずに面接に臨むためにも、フリーターが必ず聞かれる質問など面接の基本を抑えていく必要があります。

とはいえ、自分一人では面接対策は限界もあります。
どうしても面接で落ちてしまうイメージがあって不安が無くならない、というフリーターの方は、

⇒ 【就職成功率が高い!】フリーター就職 おすすめ就職サイト

を活用される事をオススメします。

就職のプロに相談する事で、一人ではうまく出来なかった面接対策が上手く行えるようになる事はとても多いです。

フリーターが面接で聞かれやすい質問

面接での質問は企業によって様々ですし、面接官によっても変わります。

ですが、フリーターの人が聞かれる質問には共通点が多いです。

そうした「フリーターがよくされる質問」はしっかりと抑えて答えを用意する事が大切となります。

例えば、フリーターの人が面接を受ける際によくされる質問としては、次のようなものがあります。

フリーターが聞かれる事が多い面接時の質問

・どうしてフリーターをしていたのですか?
・フリーターの時のアルバイト経験
・アルバイトでの失敗談、それをどう乗り越えたか
・学生の時の失敗談、それをどう乗り越えたか(卒業して年数が浅い場合)
・なぜ、正社員就職しようと思ったのか
・なぜ、当社を受けたのか(志望動機)
・うちの会社に就職して、どう成長したいか
・他に受けている企業はあるかどうか
・将来の夢、どうなっていたいか
・最後に聞きたい事はありますか?

他によく聞かれる可能性がある質問

・当社の志望動機は何番目ですか?
・内定が出たら入社しますか?
・今までに一番感動したことを教えてください
・尊敬する人はいますか?誰ですか?
・座右の銘はありますか?
・うちの会社をどう思いますか?
・アルバイトでリーダー経験、シフト管理などの経験
・結婚後も仕事を続けたいと思いますか(女性の場合)

フリーターの面接、面接官が見ているポイント

就職活動のポイント
フリーターが面接を受ける際、面接官が何を知りたいかをしっかり理解しておく事で「受け答え」が良いものに変わる可能性が高いです。

面接官が知りたい事をしっかり伝える事で、評価が高まる可能性があります。

「聞きたい事にちゃんと答えが返って来ないな。緊張するのは分かるけれど・・・」

「質問、ちゃんと理解してくれているかな?」

と思われないためにも、面接官が面接で知りたい事を抑えておきましょう。

面接官が知りたいのは、

あなたがどういう人物か

ということです。

社風に合う人物かどうか。一緒に働いていけるかどうか

面接官はあなたが話す内容、話し方、質問の聞き方などを見て、どんな仕事振りをするかを想像しています。

うちの会社に入社して、活躍していける人材かどうか。
伸びしろはあるかどうか。
真面目に仕事に取り組んで、会社に貢献してくれる人物かどうか。

面接官がどういう意図で質問しているかも考えてみると、どういった答えが良いかも見えてきやすいです。

企業が未経験者、フリーターに期待すること

企業がなぜフリーターやニート、既卒といった職歴無し・未経験者を採用するかというと、人手不足という事情がある企業も今だと多いとは思いますが、経験者には無い、まっさらなところ、これからの伸びしろに期待をしているからですね。

そうした期待感に答えられるような答えが出来ていると、内定率も上がると言えるでしょう。

そのためには面接の準備、面接対策はとても重要です。

準備をしてきた人、面接の準備をあまりしてこなかった人はハッキリと分かる、という面接官は多いです。

企業研究をしっかり行わないと曖昧になりがちな志望動機はもちろん重要ですし、最後に聞かれる「質問はありますか?」もとても重要ですね。

特に質問はありません

ではなく、しっかり質問を用意しておきたいですね。

面接は緊張するもの、しっかり準備・面接対策することで不安の軽減を

就職活動の方法
面接は緊張するものです。

全く緊張しない、という人もいるかもしれません。
しかし、今までの面接で内定は取れていますか?

もし内定が取れていれば、そのままの就職活動の進め方で良いかもしれません。

でも・・・内定が取れておらず不採用が続いているのでしたら、もう少し緊張感を持って面接対策をした方が良いと言えるでしょう。

面接官は「面接者が緊張しているのが当たり前」と思って、多少は話し方が詰まったりする事は受け止めてくれています。

ちなみに、面接で自分から話しすぎることもマイナス評価になる事が多いですから、それも注意点といえますね。

緊張しないのでつい話しすぎてしまう、という方は特に気をつけたいポイントかもしれません。

冒頭でもお伝えしましたが、面接対策が一人では上手く出来ない、面接で落ち続けていてすっかり自信が無い・・・といった方は、就職支援のプロを活用してサポートを受ける事も検討してみてください。

⇒ 【就職成功率が高い!】フリーター就職 おすすめ就職サイト

受ける企業ごとに面接対策が出来る事も、大きな強みです。




キーワード