フリーター面接
29歳 職歴無しフリーターから就職 > 面接対策 > フリーター 面接が怖いどうしても苦手・・・対策方法

フリーター 面接が怖いどうしても苦手・・・対策方法


フリーター 面接 怖い

フリーターで面接が怖い、とても緊張してしまって・・・といった方は多いのではないでしょうか。
特に就職活動に苦労していて、やっと面接のチャンスが得られた!といった場合には、失敗できないという焦り、不安から余計に面接が怖い・・・という気持ちになるのは仕方無いかもしれません。
職歴なしフリーターの場合、面接で厳しい質問が来るのでは、と不安も大きいと思います。

しかし面接が怖いとばかり考えていては、面接の受け答えに失敗してしまう可能性もあります
しっかりと面接準備をすることで、怖いという気持ちを軽減することは出来ます。
また、どうしても面接が怖い場合には、面接対策が万全の就職支援サービスを利用する方法もあります。

フリーターの面接対策

フリーターから正社員を目指しての面接

フリーターから正社員を目指しているけれど、面接が怖い・・・という方も多いのではないでしょうか。

今度の面接が実は初めての面接、といった場合。

就活の経験があまりなく、面接でいつも極度に緊張してしまって話せなくなる、言葉に詰まってしまう。

また過去に面接で大失敗をした経験があると、苦手意識を持ちやすいですよね。
そのためか、その後に続く就活での面接で失敗を繰り返してしまい余計に面接が怖くなる・・・。

「職歴なしフリーターは面接で厳しい質問が飛んでくるのだろうか・・・?」

面接のことを考えると、様々な不安が押し寄せてくる方もいるかもしれません。

フリーターから正社員になるために突破すべき「面接」

フリーターが正社員就職するために、必ず通らなければならない難関といって良いのが面接です。

良いなと思える企業からの求人を見つけて応募。履歴書など送付。

書類選考を無事に通過、いざ面接、となった段階で不安になる方は多いのではと思います。

面接はどうしても緊張するのは仕方ありません。
これで人生が変わる事もありますし、正社員就職を大きな目標とされている方もいるでしょう。

今までの就職活動で、幾つもの企業で書類審査は通るものの全て面接で落ちていて・・・といったフリーターの人も、次第に面接に苦手意識を持ってしまっている場合もあると思います。

また次の会社も面接で落ちてしまうのかな?

自分だけでの面接対策するのって、難しい

面接が怖い、どうしても苦手で・・・というフリーターの人は多いのではないでしょうか。

フリーターの面接対策はある程度、型があります。

緊張し過ぎずに面接に臨むためにも、フリーターが必ず聞かれる質問など面接の基本を抑えていく必要があります。

とはいえ、自分一人では面接対策は限界もあります。
どうしても面接で落ちてしまうイメージがあって不安が無くならない、というフリーターの方は、

⇒ 【就職成功率が高い!】フリーター就職 おすすめ就職サイト

を活用される事をオススメします。

就職のプロに相談する事で、一人ではうまく出来なかった面接対策が上手く行えるようになる事はとても多いです。

フリーターが面接で聞かれやすい質問

面接が怖い

面接での質問は企業によって様々ですし、面接官によっても変わります。

ですが、フリーターの人が聞かれる質問には共通点が多いです。

そうした「フリーターがよくされる質問」はしっかりと抑えて答えを用意する事が大切となります。

例えば、フリーターの人が面接を受ける際によくされる質問としては、次のようなものがあります。

面接でフリーターがよく聞かれる質問に対して、しっかりと答えが準備できるだけでも怖さは軽減されるのではないでしょうか。

フリーターが聞かれる事が多い面接時の質問

・どうしてフリーターをしていたのですか?
・フリーターの時のアルバイト経験
・アルバイトでの失敗談、それをどう乗り越えたか
・学生の時の失敗談、それをどう乗り越えたか(卒業して年数が浅い場合)
・なぜ、正社員就職しようと思ったのか
・なぜ、当社を受けたのか(志望動機)
・うちの会社に就職して、どう成長したいか
・他に受けている企業はあるかどうか
・将来の夢、どうなっていたいか
・最後に聞きたい事はありますか?

他によく聞かれる可能性がある質問

・当社の志望動機は何番目ですか?
・内定が出たら入社しますか?
・今までに一番感動したことを教えてください
・尊敬する人はいますか?誰ですか?
・座右の銘はありますか?
・うちの会社をどう思いますか?
・アルバイトでリーダー経験、シフト管理などの経験
・結婚後も仕事を続けたいと思いますか(女性の場合)

フリーターの面接、面接官が見ているポイント

就職活動のポイント

フリーターが面接を受ける際、面接官が何を知りたいかをしっかり理解しておく事で「受け答え」が良いものに変わる可能性が高いです。

面接官が知りたい事をしっかり伝える事で、評価が高まる可能性があります。

「聞きたい事にちゃんと答えが返って来ないな。緊張するのは分かるけれど・・・」

「質問、ちゃんと理解してくれているかな?」

と思われないためにも、面接官が面接で知りたい事を抑えておきましょう。

面接官が知りたいのは、

あなたがどういう人物か

ということです。

社風に合う人物かどうか。一緒に働いていけるかどうか

面接官はあなたが話す内容、話し方、質問の聞き方などを見て、どんな仕事振りをするかを想像しています。

うちの会社に入社して、活躍していける人材かどうか。
伸びしろはあるかどうか。
真面目に仕事に取り組んで、会社に貢献してくれる人物かどうか。

面接官がどういう意図で質問しているかも考えてみると、どういった答えが良いかも見えてきやすいです。

企業が未経験者、フリーターに期待すること

企業がなぜフリーターやニート、既卒といった職歴無し・未経験者を採用するかというと、人手不足という事情がある企業も今だと多いとは思いますが、経験者には無い、まっさらなところ、これからの伸びしろに期待をしているからですね。

そうした期待感に答えられるような答えが出来ていると、内定率も上がると言えるでしょう。

そのためには面接の準備、面接対策はとても重要です。

準備をしてきた人、面接の準備をあまりしてこなかった人はハッキリと分かる、という面接官は多いです。

企業研究をしっかり行わないと曖昧になりがちな志望動機はもちろん重要ですし、最後に聞かれる「質問はありますか?」もとても重要ですね。

特に質問はありません

ではなく、しっかり質問を用意しておきたいですね。

「職歴なし」面接対策

フリーターで職歴なし、という方も多いと思います。

「職歴なし」の面接対策で重要な事はなんでしょうか。

大学中退、既卒、色々な経歴の方もいると思うのですが、ブランク期間が長く「職歴なし」だと面接がやはり大きな不安でしょう。

しかし、職歴なしの人の面接はシンプルに考えることが出来ます。

面接官は、

求職者のポテンシャル、そして入社後に諦めずに頑張れる人材かどうか

を見極めようとしています。

人事担当者にとって、採用した人がすぐに辞めること、早期離職は絶対に避けたいことです。
また、入社した後に社風に馴染み、職場の人間関係に合うかどうかも重視しています。

そのため、ブランク期間が長いフリーターやニートの場合には、

どうして今まで就職してこなかったのか

なぜ今就職しようと思ったのか

どうしてうちの会社で働きたいのか

入社して辛いことがあっても、諦めずに頑張れるのかどうか

といったことを質問して、見極めようとします。

面接での受け答えは、明るくハキハキと元気に答えられるかがとても重要です。

表情も暗く、言葉も最後が聞こえないように小さく尻すぼみになっていく、ネガティブな発言をするような求職者は採用したいとは思えませんよね。

職歴なしフリーターや既卒といった人を採用することは、企業にとってどんなメリットがあるのか、採用後に期待する事は何か、といったことを考えながら「職歴なし」面接対策を考えてみると良いでしょう。

面接が怖いという気持ちを軽減するには

面接が怖い、と感じるのは仕方無いと受け止めることが必要です。

全く緊張しないし、余裕、という人の方が少ないでしょう。

まして就活に苦労しているフリーターの方であれば、落ちたらまた次の面接チャンスがいつになるか分からない・・・といった不安も抱えているのでは、と思います。

面接が怖い、不安を和らげる方法についてご紹介いたします。

試せる部分に関してはぜひお試しになってみてください。

場数を踏む、面接慣れをする

面接も場数を踏むと、慣れることが出来ます。

本命の企業の面接をいきなり受けると、緊張して受け答えに失敗する可能性が高いです。

質問への答えをしっかり準備していたのに、緊張のあまり真っ白に・・・答えられず、沈黙が永遠かと思うくらいに続いてしまった。

その後の質問への答えもしどろもどろ、なんだかよく覚えていない・・・案の定、不採用に。

とならないように、本命と考える企業を受ける前に出来れば面接慣れするために幾つかの企業の面接は受けておいた方が良いでしょう。

1回目よりも2回目の面接の方がスムーズに答えられるでしょうし、面接官がどんな質問を実際にしてくるのか分かりますから、それに対して新たに準備をすることも出来ます。

もちろん受けるにしてももし内定が出たら、検討したい企業を受けることは重要です。

同業種で受けることで、業界研究もしっかりすることが出来ます。

面接官の人柄を掴む

面接官も人です。

面接担当として面接の場にいるだけで、普段は現場のリーダーかもしれません。
役職者がいきなりいる可能性もあります。

しかし今日の役割が面接官であるだけで、普段はとても良い人かもしれませんし面白い人かも知れません。

本当に怖い人かもしれません。

面接官によっては面接に入る前に世間話をする人もいます。
そうした時間が無くても、面接の言葉の端々で人柄がなんとなく分かってくることもあります。

面接準備を考えられる限り、万全にする

面接が怖い、不安と感じるのはやはり準備が足りていないからと感じる部分があるため、とも言えます。

フリーターが面接で必ず聞かれる質問の他に、そこから派生する質問についても想定してみるのも良いでしょう。

自分が聞かれたくないと思うことほど、面接官が知りたいことかもしれません。

面接準備は考えられる限り、万全にすることで不安を軽減することが出来ます。

面接当日は余裕を持って会場に到着する

基本的なことですが、面接当日は余裕をもって会場に着くようにしましょう。

ギリギリ、遅刻しそうな時間に着いてしまうと、落ち着く間もなく面接となります。

焦りが焦りを生むと、受け答えも失敗する可能性が高くなってしまいます。

交通機関も急に何があるか分かりません。

出来る限り、余裕を持って到着できるようにすることが当日の大切な面接のポイントとなります。

面接は緊張するもの、しっかり準備・面接対策することで不安の軽減を

就職活動の方法

面接は緊張するものです。

全く緊張しない、という人もいるかもしれません。
しかし、今までの面接で内定は取れていますか?

もし内定が取れていれば、そのままの就職活動の進め方で良いかもしれません。

でも・・・内定が取れておらず不採用が続いているのでしたら、もう少し緊張感を持って面接対策をした方が良いと言えるでしょう。

面接官は「面接者が緊張しているのが当たり前」と思って、多少は話し方が詰まったりする事は受け止めてくれています。

ちなみに、面接で自分から話しすぎることもマイナス評価になる事が多いですから、それも注意点といえますね。

緊張しないのでつい話しすぎてしまう、という方は特に気をつけたいポイントかもしれません。

冒頭でもお伝えしましたが、面接対策が一人では上手く出来ない、面接で落ち続けていてすっかり自信が無い・・・といった方は、就職支援のプロを活用してサポートを受ける事も検討してみてください。

⇒ 【就職成功率が高い!】フリーター就職 おすすめ就職サイト

受ける企業ごとに面接対策が出来る事も、大きな強みです。

職歴なしフリーターにおすすめ面接対策のサポート

ちなみに、

⇒ 【就職成功率が高い!】フリーター就職 おすすめ就職サイト

でご紹介している就職サイトは、職歴なしフリーター・ニートの方などを前提としているため、面接も人物重視で質問が進められていきます。

今までの経歴(職歴)よりも、これからの伸びしろ、どう仕事に取り組んでいける人なのか。
そうした点を重視して面接を進めてもらうことが出来ます。

そして、受ける企業ごとに面接対策もサポートしてもらえるというメリットもあります。

仲介する就職エージェントは人材紹介業ですから、基本的には内定を貰えそうな人材をマッチングするという考え方になります。

求人サイトほど膨大な求人数を持ってはいませんが、内定率の高い就活が出来ることが強みとなっています。

ぜひ、活用されてみてはいかがでしょうか。




キーワード