施行管理の企業へ就職
29歳 職歴無しフリーターから就職 > 就職活動の仕方 > 職歴なしフリーター、ニートは人手不足の業界へ就職

職歴なしフリーター、ニートは人手不足の業界へ就職


人手不足の業界に就職

職歴なしフリーター、ニートの就職はどうしたらいい?

「ブランク期間も長いし、就職できる気がしない・・・」

と思って就職活動が進まない、という方もいるかもしれません。

このままだと、一生非正規で人生終わりそう。
ずっと社会復帰できないままニートの末路を迎えそう。

確かに就職活動をしなければ、そうした末路を迎える可能性は高いです。

行動することが必要です。

今20代後半であれば、まだまだ就職できる可能性は高いですよ。
それに今は30代前半の方も利用できる就職エージェントが複数あります。

就職活動の仕方としても、人手不足の業界を狙うと内定が得やすいです。

職歴なしフリーターやニートから脱出、就職するための方法をご紹介します。

人手不足の業界は職歴なし未経験も就職しやすい?

職歴なし、既卒・フリーターからの正社員就職を考える時、就職成功の可能性が高い就職先で探していくと「人手不足の業界」も考えてみても良いかもしれません。

人手不足の原因も色々とあるでしょうけれど、イメージが先行してしまっていて実は隠れ優良企業、ホワイト企業からの求人が見つかることもあります。

地元の中小企業に多いのですが、経営者がとても従業員想いで離職率も低いのに、地名度が全く無いために求人を行っても応募が無い・・・といったケースです。

もちろん、あまり人気が高くない業界・職種である事も多い、といった事もあるかもしれません。

しかし、皆さんそれぞれの状況、29歳で職歴なし未経験、大学中退、既卒、フリーター、ニートといった就活を行うには少々不利な事を考えると、就職の可能性が高い人手不足の業界についても、求人情報を集めて応募を検討してみる価値はあるのではと思います。

では、求人ニーズが高く人手不足で就職に狙い目の業界は、どこなんでしょうか?

人手不足で、求人意欲の高い業種

求人意欲の高い業種について、情報がまとまっているサイトがあります。

少し前の情報となりますが、基本的には人手不足の業界は変化があまりないです。

そのため、参考にすることができます。

経済産業省経済解析室の資料(2016年の業種別雇用者数)となりますが、この資料によると、

・医療、福祉
・小売り業
・宿泊業、飲食サービス業
・不動産業、物品賃貸業

が求人意欲が高いです。

次いで、

・建設業
・卸売業
・教育、学習支援業
・食料品

なども求人意欲が高いですね。

関連URL:求人意欲、アウトプットレベルの変化に基づく4つの場合分け

見やすい資料ですので、一度ご覧になってみてください。

フリーター、ニートから就職成功のポイントは、求人を選びすぎないこと

少し前の資料とはなりますが、人手不足感はそこまで現状変わってはいないでしょうから、採用されやすい業界を狙うのであれば、大いに参考になると思います。

こうした求人に関する情報を見つつ考えてみる事として、

・避けたい業界
・やりたく無い仕事

から考えてみると良いかもしれません。

その上で残った業界でどんな職種で、未経験OKの正社員求人が見つかるかなどを調べていくと、これまでとはまた違った就活の進め方になるのではないでしょうか。

多くの求人サイトでは業界・職種で絞り込んで求人を調べる事が出来ますからね。

ポイントはあまり仕事、求人を選びすぎないことです。

応募できる求人がなくなってしまいます・・・。

早期退職してしまうような仕事、会社に就職するのは問題ですが、まずは正社員としてのキャリアをスタートすることを大切に考えることも必要です。

今の自分の年齢を入れて、未経験歓迎かどうか、と言った事も合わせて求人検索を出来る求人サイトも多いです。
(この時、30歳を超えて試しに入力してみると、出てくる求人が減るのが分かると思います)

そうして出てきた正社員求人をチェックしていくと、業界の給与相場もある程度分かってきますし、募集されている事が多い職種、仕事内容についても見えてくるでしょう。

そこから職種研究をしてみるなどもオススメです。

少しでも就職の可能性が広がるように、ぜひ情報収集をしてみてくださいね。

中途採用に積極的な企業を見つけ、求人に応募をするには

未経験者歓迎
こうした企業からの求人情報を探し、求人へ応募する方法として、

・求人サイトを利用して、自分で探して応募する方法

・就職支援サービスを利用して、紹介してもらう方法

と大きく2つあります。

より多くの求人を探したい場合には、求人サイトが便利です。
複数の求人サイトを利用することで、より多くの求人情報を得る事が出来ますね。

ただ、膨大な情報量になる事もありますので、情報をチェックするのに時間がかかるというデメリットもあります。

⇒ 求人サイトを利用して自分で就活したい場合

で未経験OKの正社員求人が見つかりやすい求人サイトについてもご紹介をしています。

就職エージェントを利用して正社員を目指す方法

就職支援を利用してサポートを受けながら求人紹介してもらう方法もあります。

企業へ取材を行ったり、足を運んでチェックなどをするため、紹介可能な求人数は少なくはなりますがその分、詳しい企業の情報を得られるメリットは大きいです。

企業がどんな人材を採用したいか、といった情報も踏まえて面接対策などアドバイスをもらう事も出来ますから、就職成功率も高くなりますね。

⇒ 29歳、後が無いフリーターからの正社員就職にオススメ就職支援サイト

の記事中で、就職支援サイトのオススメをご紹介しています。

一人の就職活動は辛い・・・

一人での就職活動はどうしてもモチベーションが維持出来ず止まってしまう事もあると思います。

書類選考で続けて落ちてしまったり、面接がどうしても上手くいかず対策に悩んでしまって・・・など、あるのではないでしょうか。

就職支援サービスは若年層の就職支援に特化しているプロ集団です。

こうした20代向け就職支援サイトを活用する事で、一人で情報収集をするよりもはるかに効率良く、就職に関しての情報を得ることが出来ます。

サポートを受けられる事で、就活の悩み、不安なども相談して解決しながら進められることも大きなメリットではと思います。

人手不足の業界以外にも、適性のある職種、企業の求人紹介を受けられる可能性もありますから、就職活動の情報収集にぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

就職相談など利用は無料です。

職歴なしフリーター、ニートが就職で苦労する理由

職歴なしフリーターやニートが就活で苦労する理由があります。

空白期間が長く、29歳、30代と年齢が高いほど就職活動が厳しいものとなります。

採用してもすぐ辞めると考えられている

フリーター歴、ニート歴が長い人は採用してもすぐに辞めるのでは?と思われていることがあります。

就労意欲が高い人であれば、こんなにフリーターやニート期間が長くはならないだろう、という考え方を持つ採用担当者もいるためです。

人事にとって、一番困るのは採用した人材がすぐに辞めることです。
早期退職されるのが最も困るのですね。

そのため、履歴書や面接では長く働く気持ちがしっかりあることをアピールすることが大切です。

困難なことがあっても負けずに乗り越える、ということを説得力を持って話すことが必要です。

ただ、ニート歴が長い人などはそれが難しいため、就職が難しいという問題もあります。

就職エージェントを利用して、ニートOKの求人を紹介してもらうなどすることで、内定を貰うためのハードルを下げることが必要です。

自己分析が甘い

フリーターやニート歴が長い人は、就職活動の準備が整っているいないことも多いです。

特に自己分析ができていないことも多く、仕事選びの軸が定まっておらず、志望動機が浅いことが多いです。

自己分析がしっかりできていないと、面接で面接官に自分に強みを伝えることができません。

一貫性のない受け答えになってしまう可能性もあります。

そうなると、内定を貰うのは難しくなるでしょう。

自己分析をしっかり行うことが、就職成功のためにはとても重要です。

行動(求人への応募)が足りない

29歳、30代ともなれば書類選考で落ちることも多いですし、早期に就職が決まることは難しいでしょう。

そのため、落ちることをある程度前提として、求人に応募していくことが必要です。

就職が決まらない人は、応募数が少ないケースが多いです。

既卒1年目といった場合であれば別ですが、職歴なしフリーターやニート期間が長く、未経験から就職を目指す場合には厳しいことを前提に就活することが必要となります。

まとめ

職歴なしフリーターやニートの人が正社員就職を目指すには、人手不足の業界を狙うのは成功のポイントとなります。

人手不足の業界も色々あります。

職種も様々ですから、どうしてもやりたくない仕事を除いたとしても応募の候補となる求人は見つかるのではないでしょうか。

まずは情報収集をしてみてください。

それには、

⇒ 29歳、後が無いフリーターからの正社員就職にオススメ就職支援サイト

が役立ちます。

ぜひ活用してみてください。




キーワード