フリーター面接
29歳 職歴無しフリーターから就職 > 就職活動の仕方 > フリーター 就活のやり方・はじめ方

フリーター 就活のやり方・はじめ方


フリーター 就活やり方

フリーターの就活のやり方、始め方について、間違った進め方をしてしまうと内定がなかなか貰えません。

就職活動は準備がとても大切です。

企業研究をして、積極的に求人に応募することは確かに大切です。

しかし、応募前に自己分析をして就活をする上での軸を決めることも必要です。

職歴なしフリーターからせっかく就職が決まったとしても、自己分析が甘く自分に合った仕事に就くことができなければ、ミスマッチで早期退職につながる可能性もあります。

正社員としてキャリアを始めるのであれば、やはり1年、2年と働ける会社を選ぶことが大切です。

就活の始め方が分からない、という方はぜひご覧になってみてください。

フリーターの就職活動のやり方・はじめ方、成功するためのポイントについてご紹介します。

フリーター、就活のはじめ方

フリーターから正社員に就職するためには、準備がとても大切です。

人によっては、たくさん求人に応募している間に内定を貰えるケースもあります。

内定が貰えたことでホッとして、自分に合った仕事なのか、長く働くことができるのかといったことを深く検討せずに内定を承諾。

入社を決めてしまう・・・

実際に働き始めてみたら、思っていた仕事と違った。

社風が合わなかった・・・

入社したばかり、使用期間中だけどもう辞めたい・・・

といったことになりかねません。

フリーターの就活のやり方としては、まず自己分析をしっかりとすることが大切です。

フリーターの就活の流れ

フリーターの就活ですが、以下の流れで進めるのが一般的です。

自己分析 ⇒ 企業研究 ⇒ 求人応募 ⇒ 面接(2回~3回)⇒ 内定

自己分析をしっかり行い、就職活動をする上での軸を決めることがとても大切です。

自己分析

まず最初にするのは、自己分析です。

自己分析を浅く済ませてしまうと、面接対策も実はうまくいかないんですよね。

面接では面接官は、あなたという人間を短い時間で知るために、色々な質問をしてきます。

過去の質問もあるでしょう。

軸を作れていないと答えに一貫性が無くなる場合があります。

また自分はどんな仕事に適性があるか、向いているかもしっかり自己分析を通して見極めることが大切です。

就職のミスマッチを防ぐために必要な準備となります。

企業研究

どんな企業に応募するか、とても重要です。

企業研究をすることによって、

・志望動機
・自己PR
・面接の受け答え
・面接での逆質問

なども変わってきます。

できれば、応募を検討している企業だけではなく競合他社についても研究しておきましょう。

「どうして、うちに応募したのですか?」

と質問されたとき、答えるためには競合他社の情報も持っていると返答がしやすいです。

企業研究は志望動機、自己PRの作成に必要になりますので、時間をかけて取り組むとよいです。

求人への応募

フリーターの就活は年齢によって、厳しいことが予想されます。

一つの企業に応募して、結果が分かってから次の会社に応募して・・・となると、時間がとても必要になります。

できれば、3社くらいは並行して応募、就職活動を進めるのが良いでしょう。

他に応募していることは悪いことではありません。

質問されたら、他も選考中です、と答えると良いでしょう。

企業としても採用したい人物であれば、選考結果も早く連絡してくれるなど対応が変わることがあります。

面接

書類選考が通過したら面接です。

履歴書を送ってから、早いと3、4日程度。
1週間ほど合否の連絡まで時間がかかることもあります。

書類選考に通過したら、面接を行うことになります。

面接日は調整してもらえますので、予定を担当者とすり合わせましょう。

面接対策は様々な質問を想定して、準備をすることが大切ですね。

圧迫面接は今は少なくなりましたが、念のために想定しておくと良いでしょう。

面接のマナーも改めて押さえておきましょう。

第一印象もとても重要です。

靴の汚れから髪の毛のぼさぼさ具合まで、気にするようにしましょう。

面接は一般的には2回~3回行われます。

内定

面接に合格したら、内定を貰えます。

内定に対して、承諾をすれば入社となります。

他に選考中の企業があれば、1週間程度は回答を待ってもらえるのが一般的です。

入社を決めたら、フリーターの場合にはアルバイトを辞めることを上司に伝えることが必要ですね。

くれぐれも明日から行きません、といった急な伝え方は避けましょう。

社会人になるのですから、アルバイトを辞める際もしっかりした手順で進めることが大切です。

入社にあたって必要な提出書類の準備もありますから、意外と忙しい期間を過ごすことになります。

フリーター 就活のやり方にオススメはある?

フリーターから正社員になるためには、諦めない事はもちろんですけれど就活の仕方もしっかりと選ぶ事が大切です。

とりあえず、自分が応募出来そうな未経験者OK、フリーター歓迎の求人を見つけたら手当たり次第応募・・・ではなくて、書類選考通過率が高い、内定率が高い、など成功率の高い就職活動を目指す事をオススメします。

いつまで経っても書類選考で落ち、たまに進めた面接で落ち・・・と繰り返していると「もしかして自分は必要ない人間なのかもしれない」なんて事も考えてしまうかもしれません。

よくよく考えると応募先企業が求める人材では無い、というだけなのですよね。
そこまで自分を否定してしまってはいけないのですが、不採用が続きまくると、どうしてもそういった考えも生まれてきてしまう事があります。

特に29歳ともなると正直、色々な事に焦りを感じることがありますからね・・・。

ご覧になってくださっている皆さんは私が就活に苦しんだ年齢よりも、若い方が多いのではと思います。
(もしかすると同じ、30代フリーターの方もいらっしゃるかもしれませんね)

高卒、大卒フリーター、大学中退後にフリーター。
一度就職して退職、それからフリーターなど色々な方がいると思います。

脱フリーターを目指して就職活動をするには、一人で全て行うスタイルの就活は大変です、というのが正直な感想です。

出来れば、サポートを受けながら就活をする方法が良いと思います。

自分ひとりでは気づけない事(遠回りしてしまう事)も実際、多いのですが就職支援のプロにアドバイスをもらう事で、短期間で自分にあった職場、仕事を見つけることも可能です。

就職支援サービスを利用する事には、メリット・デメリットはもちろんあるのですが、フリーターが正社員就職を考える場合には、メリットの方が大きいといえるでしょう。

内定率の高いフリーター就職サイト

就職支援サイトを利用した場合、就活に関する面倒な事も色々と代行してもらう事が出来るメリットがあります。

そうしたサポートを受けながら就活を進めた方が、確実に就職活動を進める事が出来ますのでオススメです。

【就職成功率が高い!】フリーター就職 おすすめ就職サイト

で詳しくご紹介をしていますが、

⇒ DYM就職

⇒ ジェイック

⇒ 就職Shop

などは20代向けの就職支援サイトとして利用者も多く、いずれも内定率、就職率が高いです。

27歳、28歳、29歳 20代後半フリーターは成功率の高い就活のやり方を

女性フリーターの就職
20代後半のフリーターになると、若さは武器ではありますが、若さに加えて年齢相応を求められる部分も増えてきます

それと共に、志望動機もよりしっかりしたものを作らなければ、採用面接の面接官を納得させられないことも多くなります。

正社員就職のハードルは年齢とともに少しずつ上がっていくと考えて良いでしょう。

20代後半フリーターが面接でよくされる質問

20代後半、大学卒業後にフリーターになっていたとすると仮に28歳の方だと6年は経っているといった事になります。

「6年もフリーターだったの?就職活動はしなかったんですか?」

面接ではこうした質問が確実にされると思います。

その間に何をしてきたか、と言った事もしっかりアピールできるように答えを用意しておく事が必要です。

また、

「なぜフリーターになったのですか?」

といった質問も合わせて聞かれる事が多いです。

嘘をつくのはいけませんから、出来る限り素直に答え、そこからポジティブな志望動機などに繋げていけるように準備をしておく事が大切といえます。

合わせてよく聞かれる質問として、

「なぜ今、正社員になろうと思ったのか」

「なぜうちの会社に応募したのか」

といった事もほぼ確実に質問されるでしょう。

面接官によっては「フリーターになった理由」「フリーターを長く続けてきた理由」を深掘りしてきますので、答えに詰まらないように準備する事が必要です。

フリーター向け就職支援サービスの面接対策を活用する方法

就職アドバイザー
先ほどもご紹介をしましたが、フリーター向け就職支援サービスを利用した場合、専任のコンサルタントから面接対策についてもアドバイスをもらう事が出来ますから有利です。

よく聞かれる質問はもちろん、企業毎に対策を立てられる事もこうした就職支援サービスのメリットです。

それは、企業の採用担当者や経営層とパイプを持ち、人材採用について情報を得る事が出来ているためですね。

今回、どんな人材が欲しいか。
入社後、どんな仕事をする事になるか。
社風はどうか。

といった情報を持っている上で、適性のある若者ということで企業へも紹介をしています。

就職支援サービスは求職者(あなた)が正社員として採用されて、働き始める事で報酬をもらうことが出来ますからサポートも真剣です。

そういった事も、就職支援サービスの手厚いサポートに繋がっているといえますね。

注意したいのは、こうしたフリーター向け就職支援サービスであっても、年齢が上がるにつれて紹介できる求人が減ってくる可能性があること。

全就職支援サービスを利用して中途採用を行う企業の全てが29歳まで歓迎、といった事はないでしょう。

組織の年齢構成を考えて出来れば25歳以下で採用したい、といった希望もあると考えられます。

フリーターを脱出して正社員就職を目指すのであれば、昔の年齢に戻る事は無理ですからね。
今が一番若いといえますから、出来る限り早く、就活をスタートする事をオススメします。

情報収集から始めてみても良いですし、

フリーター就職就職サイト

に登録する事から始めてみても良いと思います。

まず一歩、就職活動を踏み出してみることが大切かなと思います。

30歳フリーターになってしまったら

もし、29歳を正社員就職が決まらずにフリーターのまま30歳を迎えてしまっても諦めてはいけません。

就職支援サービスによっては30歳でもギリギリ紹介出来る求人があったりしますし、ハローワークの就職相談を利用したり、ジョブカフェ、サポステなどまだ利用出来るものもあります。

リクナビNEXTなど知名度の高い求人サイトでも30代前半であれば、未経験OKの正社員求人をまだ見つける事も可能です。

30代からの職探しは正直、厳しくはなりますがまだ就職出来るチャンスは見つかると言えます。

ポイントは仕事を選び過ぎないこと。

応募出来る求人は確実に20代よりも少ないです。

見つかる選択肢(求人)の中から、出来る限り自分に合っている、長く働けそうな仕事を選ぶ事が必要となってきます。

今20代のフリーターの方、29歳の方は特に短期間で正社員就職を決めたい方もいると思います。

その場合にこそ、

⇒ 【就職成功率が高い!】フリーター就職 おすすめ就職サイト

が活用出来るのではと思います。

書類選考無しで面接が受けられる就職支援サービスも増えています。
DYM就職や就職shop、ジェイックなどもそうですね。

ぜひ活用を検討してみてください。




キーワード