履歴書
29歳 職歴無しフリーターから就職 > 就職活動の仕方 > フリーターは職歴にアルバイトを書いても良い?

フリーターの職歴


フリーターから正社員を目指しての就職活動、アルバイトは職歴に書いても良いの?

既卒フリーター、大学中退フリーターの方などが正社員になるために就職活動をする場合、

「履歴書」「職務経歴書」

の両方がセットで応募書類として必要となってきます。

しかし、アルバイトは職歴としては基本的にはみなされません。

でもそうすると、職務経歴書に書く事が無くなってしまいます。

複数の人事担当者、採用担当者などに話を聞いた結果として、フリーターの職務経歴書にはアルバイト経験は書いても良いし、ぜひアピールして欲しい、と言う事でした。

採用担当者の気持ちとしては、履歴書と職務経歴書から求職者を知るしか最初は手立てがありません。

「この人はどんな応募者なんだろう?」

面接にも来てもらうべきかどうか、を考える際の材料として履歴書、職務経歴書があります。

空白が目立つほどの職務経歴書であれば、潔く提出しない方が良いかもしれませんが、就職を本当に希望する会社であれば職務経歴書にはアルバイト経験を書き、アルバイトを通して身に付けた事、アピールしたい事などを記載すべきです。

履歴書、職務経歴書はできる限り空白を無くす事が鉄則です。

フリーターから正社員を目指しての就職活動、空白の目立つ履歴書・職務経歴書は見た瞬間、

「この求職者はやる気が無いな」

と判断されて不採用になる可能性が非常に高いです。

アルバイト経験を通して培ってきたスキル、実績などもあればぜひ積極的に記載してアピールされると良いでしょう。

色々な説がありますが、フリーターから正社員を目指しての就職活動、アルバイトは職歴に書いても大丈夫、といえます。

目指す業界・職種によっては、これまで経験したアルバイトが評価される事もありますよ。

職務経歴書の書式は自由

職務経歴書の書き方で迷うフリーターの人も多いと思うのですが、履歴書と違い職務経歴書の書式は自由です。

とはいえ、見やすく書くことは大前提ですね。

見やすく、できる限り詳しく書いた方が人事担当者に伝わりやすいです。

多くの履歴書、職務経歴書を見る事になる人事担当者、採用担当者へはパッと見た印象も重要です。

空白が多いのは絶対に避けたいですね。
やる気が無い、という印象を与えてしまいます。

また、伝えたい事がたくさんあって・・・全て書いたら文字がとても小さくビッチリになってしまいました!
というのも避けたいです。

読みにくいですし、情報をまとめる能力が不足しているという逆効果なアピールになってしまうかもしれません。
(採用担当者によっては本気さを感じてくれて、プラスにもなる場合がありますから人によりけりです)

アルバイト経験が1つ。職務経歴書にそんなに書く事が無い場合

アルバイト経験が1つ、というフリーターの方の場合、職務経歴書のスペースをそんなに埋めるほど書けない!

どうしよう!

といった方もいらっしゃると思います。

その場合には、職歴の部分よりも自己PRの部分を多く取る書き方がオススメです。

せっかくの応募書類、職務経歴書はフリーターの方はアピールのために使う事をオススメいたします。

なぜ御社に入社したいか、どんな仕事、働き方をしていきたいか。
そうした熱意を書くスペースとして職務経歴書を活用する方法がオススメです。

採用担当者の立場で考えると、少しでもあなたの事を伝える情報を書いて欲しい、という部分でもあります。

フリーターの求職者の場合、社会人経験無しの方が多い事は採用担当者も理解しています。

その上で、未経験から正社員就職するためにしっかりとあなたをアピールするために職務経歴書は利用すべき、と言えます。

すごい経歴が無くても、職務経歴書は書けます

職務経歴書を書く時、サンプル、事例を参考に書く人が多いと思いますが、サンプルに載っているような経歴無いし・・・といった事を思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、あくまでサンプル、例として掲載されているだけですから、気にする必要はありません。

職務経歴書の書式は自由です。

あなたの今までのアルバイト経験を書いて、その仕事から得られた事、身に付けたスキル、業務改善の取り組みなど積極的に動いた経験などもあれば記載されると良いですね。

アルバイトといっても様々な業界・職種があります。

どんなアルバイトをしていても、真面目に仕事に取り組んできた応募者は評価されるものです。

面接担当者は、求職者が入社してから「熱意を持って、しっかりと仕事に取り組める人材かどうか」も見ています。

アルバイトにも真面目に取り組んできた応募者はポジティブに評価をしてくれます。

数年間で短期のバイトをいくつも経験してきた場合の職務経歴書

逆に、数年で短期のアルバイトをいくつも経験してきた、というフリーターの方も多いと思います。

その場合には、代表的な仕事を記入されると良いでしょう。

全てを書いてしまうと、アピールを書く部分が減ってしまう可能性があります。
短期バイトも多く経験されている方は本当に多いですからね。

アピールになりそうなアルバイトに絞って、記入される事をオススメいたします。

履歴書、職務経歴書を書くのがやっぱり苦手・・・

フリーターとして就職活動をするにあたり、応募書類(履歴書、職務経歴書)を書くのが苦手、どうしても書けない・・・といった方もいると思います。

その場合には、応募書類の作成などについてもしっかりサポートしてもらう事が出来る、フリーター向け就職支援サイトの活用がオススメです。

⇒ 20代フリーター向け就職支援サイト

中には、書類選考無しで面接が受けられる就職支援サイトもあります。

就職活動を効率良く進める事が出来るこうしたフリーター向け就職支援サイト、活用される方も増えています。

壁にぶつかる事が多いフリーターから正社員を目指しての就職活動、こうした就職支援サービスを活用される方法もオススメです。




キーワード