就職活動
29歳 職歴無しフリーターから就職 > フリーター脱出 > フリーターが正社員で働くには、人手不足の業界を狙うのが近道

フリーター 正社員で働くには


20代フリーターが正社員として働くには

フリーターから正社員への就職を考えた時、やはり中途採用されやすいのは人手不足の業界です。

それも新卒採用などで苦労しており、若手人材の確保に力を入れている中小企業です。

人手不足で困っている業界、企業は今の状況ではとても多く、高卒、大卒フリーターいずれも売り手市場へと移り変わってきていると言って良いのではないでしょうか。

将来的にはさらに、労働力の中心となる15~64歳の生産年齢人口が大幅な減少すると見込まれています。

それを見越して、正社員としてパート・アルバイト、契約社員を転換する企業も増えていますね。

既卒・フリーター・第二新卒も同様です。
やる気のある人材を積極的に採用、正社員登用する企業は増えています。

少なくとも東京オリンピックまでは好景気は続くと予想されていますので、フリーターから正社員就職を成功させるチャンスとして、今の間に積極的に就活をされてみてはと思います。

東京オリンピックの後も人材不足の状況は変わりませんが、一転して不況となってしまった場合には、人手が足りないけれど人を増やせない、むしろ固定費削減のためにリストラ・・・といった可能性もあります。

正社員就職しやすい今の状況のうちに、しっかりと企業研究など行って自分に合った企業へ入社を決めたいですね。

20代フリーターへの採用ニーズはとても高く、20代後半、28歳、29歳フリーターといった方でも、適切な就職支援サイトを利用して正社員就職を決めている方は多いです。

こうした状況下であっても30歳を越えると求人はガクッと減りますから、今20代のフリーターの方は、ぜひ積極的に就職活動を行ってみてはと思います。

大企業、上場企業からの求人の増加も

昔はほとんど見られなかったフリーター向け、未経験OK求人ですが、このところの人手不足を受けて大企業、上場企業といったところからも求人が見られるようになってきました。

大企業に就職するメリットは、やはり待遇の良さ

安定度も確かにまだまだ高いものがありますが、中小企業と比べて基本給が高いですし、賞与(ボーナス)も高いです。

福利厚生も手厚く、ホワイト企業が多い事も特徴と言って良いでしょう。

どんな企業でも倒産、M&Aによっていきなりリストラ(早期退職)などがありますから、可能性ばかりを考えても仕方ありませんね。

それよりも大企業、上場企業への就職チャンスが増えつつある、と言う事には注目をしたいです。

こうした未経験OKの正社員求人を見つける事が出来る方法が、次にご紹介するようなフリーター向け就職支援サイトです。

大手企業はこうした人材紹介会社を通して、適性のある人材、熱意・やる気のある人材のみを面接するケースは多いです。

公開求人として求人サイトに掲載すると、応募者がやはり集まりやすいですから書類選考だけでも相当な手間が取られてしまいます。

採用にかかる人的コスト、時間は相当なものですからね。

求人数はそこまで豊富、といった訳ではありませんが大企業、上場企業への就職に興味がある方も、次のような就職支援サイトを活用されて情報収集を行ってみてはいかがでしょうか。

フリーター向け就職支援サイト

20代フリーターが正社員就職するために、力となってくれるのがフリーター向け就職支援サイトです。

⇒ 【就職成功率が高い!】フリーター就職 おすすめ就職サイト

では、

・DYM就職
・就職ショップ
・ジェイック
・ハタラクティブ

といった就職支援実績が多数あり、内定率などが高い就職支援サイトをご紹介しています。

求人紹介を行っている業界・職種や対応エリアなど、それぞれで違いもありますから公式ページをぜひご覧になって確認をしてみてください。

拠点については就職支援サイトの場合、増減が意外とあるんですね。

ですから、最新情報をその都度、公式サイトで確認されるのが良いと思います。

正社員とフリーターの収入格差について

お金の話です。

正社員とフリーターとでは、その収入に大きな差があります。

就職した当初はフリーターとして掛け持ちしていた時の方が稼いでいた!月収が多かった、という人も、次第に正社員の収入に逆転されます。

フリーターの月収として限界は20万円くらいではと思いますが、正社員としてキャリアを積んでいけば、多くの方は年収400万円以上には40代頃に到達する事が多いです。

高年収が多い業界で働く事が出来れば、年収800万円、実績次第では年収1,000万円も十分実現出来るでしょう。

フリーターでいる限り、年収が大幅に上がっていくことはあり得ませんよね。

30歳でも40歳でも、ほぼ同じ時給ですから・・・

むしろ、年を取れば取るほど仕事が見つからなくなりますから、時給にこだわっている場合ではありません。

最低時給で働く可能性は大きいです。
となると、年収は30歳の頃よりも下がるかもしれません。

掛け持ちするほど体力も無いでしょう。

フリーターでこのまま20代を過ごし、30代になると未経験OKの正社員求人が大幅に減ります。

正社員就職が難しくなってしまいますので、フリーターとして末路を辿る可能性が高まってしまう事になります。

必ずしもそうという訳ではなく、30歳を越えても就職出来る人ももちろんいます。
しかし、仕事の選択肢はかなり狭くなるのが実状です。

今、20代であればぜひ積極的に就職活動に取り組んで、少しでも自分に合った仕事、長く安心して働ける会社、高待遇の求人を探してみてください。

そのための就活方法として、

⇒ 【就職成功率が高い!】フリーター就職 おすすめ就職サイト

の活用をオススメしています。




キーワード