29歳フリーターの就職活動
29歳 職歴無しフリーターから就職 > フリーターの不安 > フリーターから正社員就職、30歳になる前に就職した方が良い理由

フリーターから正社員就職、30歳になる前に就職した方が良い理由


フリーター 就職 20代が有利

フリーターからの正社員就職は20代が有利

フリーターを脱出、正社員になるのであれば20代が圧倒的に有利です。

今、28歳、29歳と30歳を前にして就職活動を頑張っている方も多いと思います。
なかなか内定がもらえなくて、ちょっと就活に疲れたので休もうかな・・・という方もいるかもしれませんね。

30代で職歴なし、正社員経験無し、という方は決して少なくありません。

就職しなかったのでは無くて、就職出来なかったというお話をされる方が多いのですが、そうはいっても30代になるとさらに就職が難しくなってしまうという現実があります。

実際に求人サイトを利用して調べて見ると分かりますが、30歳で未経験歓迎の正社員求人はかなり少なくなってしまいます・・・。

地方にお住まいの方は、もう全然求人が見つからなくなるので就職を諦めるしかないのかな・・・と思われてしまう方もいるかもしれません。

29歳と30歳、1歳だけしか違わないですし、本人的には何も変わっていない気もします。

しかし、世間の20代と30代への見方、そして就職を考えた時の難しさはまるっきり変わってきてしまいます。

もし今、20代後半、29歳であってもまだまだ正社員として就職に成功出来る可能性は高いです。

諦めずに利用出来る就職活動のツール、就職支援などを活用して内定獲得に向かって進めていきましょう。

フリーターから正社員就職、30歳になる前に就職した方が良い理由

フリーターから正社員になるのであれば、様々な面を考えても20代が有利です。

30代で無職、フリーター生活となった場合、どうなるかというと・・・

・30代でフリーターだと、将来の事をとても心配される

・30代で無職、フリーターだと世間体が悪く外に出なくなってしまう。友達付き合いも減る可能性

・今のバイト先が20代中心の場合、居づらくなってしまう

・アンケート記入などで職歴を書く時辛い

・もし、結婚を考えてもフリーターだと双方の両親の了解を得にくい

などが日常生活で起こりやすくなって来ると言えます。

就職活動の面では、より採用されにくくなるのですがその理由として、

・上司が部下になるなど既存社員とのバランスが難しくなる

・20代の方が伸びしろが期待出来るから

・未経験者の採用は20代と決めている

・未経験者とはいえ、年齢に見合った経験を求めてしまう(だから20代を中心に採用したい)

といった企業側の事情などもあり、職歴なし30代でフリーター、無職といった状況になると正社員就職が難しくなってきます。

若手人材の不足が言われていて、中途採用を行う企業は増えてきました。

しかし、30代は依然として職歴無し・未経験からの就職は厳しいと言える状況にあります。

フリーターの就活は一人では辛い。就職支援・サポートの活用がオススメ

就職アドバイザー
フリーターからの就職活動、基本的には誰かと就活する事は無く一人での就職活動となる方がほとんどだと思います。

新卒であれば周りもみんな就職活動をしていて、企業の選考などについて情報交換も出来るでしょうけれど、フリーターやニートからの就職活動は基本一人。

しかし、就職活動を一人で黙々と続けるのは辛いです。

私も1年ほど就活を一人でしていた経験がありますが、時々本当に辛くなって1日ぼーっと過ごしてしまったことも何度かありました。

就活を一時ストップしてまたアルバイトしたり、ニート生活を繰り返したり。

何が辛いかというと、不採用が続く時です。

本人なりに一生懸命、履歴書も書いて、職務経歴書も書いて、面接対策もして・・・それでも落ちて。

でも、何が間違っていたのかなどは一人で考えていても分かりません。

次の企業を受けても、また同じように失敗して落ちるのかな・・・

と考え始めると超ネガティブモードに入ってしまいます。

モチベーションも維持出来ませんよね。そうなると。

そのため、フリーターから正社員になるための就職活動はサポートの活用が大切と思います。

30歳になる前に就職を決める、という時間的な問題

また時間的な問題もあります。

先ほどもありましたが29歳と30歳では様々な面で違います。

最も困る問題としては、30歳を越えると「職歴なし、未経験OK」の正社員求人が見つかりにくくなること。

正直な所、あまりやりたくないな・・・という仕事ばかりが見つかるようになってしまいます。

確かに選ばなければ、求人はあります。

でも、もし採用されたとしても自分なら早期退職してしまいそう、という仕事へはやはり応募しないですよね。

なので、仕事がさらに見つかりにくくなってしまいます。

まだ20代の方は就職はタイムリミットは29歳、といった気持ちで臨む事をオススメします。

ただ、就活を頑張っても30歳を迎えてしまった場合には、改めて利用する就職支援などを変えて就活を頑張る必要はありますね。

仕事に就かなくても良いや、とはなりませんよね。

フリーターに特化した就職支援サイト

20代向けのフリーター向け就職支援サイトは多数あります。

こうした状況を考えてみても、30代よりも圧倒的に20代は正社員就職のチャンスが多いと言えます。

企業からの中途採用のニーズがこれほどあるからこそ、就職支援のサービスが成り立っているということですからね。

⇒ 【就職成功率が高い!】フリーター就職 おすすめ就職サイト

など、フリーターの就職サポートに特化した就職支援サイトが多数あります。

こうしたところを利用してみた事がない方は就職相談から始める事も出来ますし、実際にどういった求人があるかを聞いてみても良いかもしれませんね。

情報収集のために利用してみた、といった方も多いですよ。




キーワード