29歳 職歴無しフリーターから就職

*

29歳フリーター 就職

29歳フリーターから就職するには。

フリーターから正社員になるために就職活動をしますけれど、就職に成功する人の共通点、いつまでも就職活動が上手くいかない人の共通点ってあるんですよね。

29歳から正社員になるために就職活動をするのであれば、もう余り時間が無い、焦りのあるフリーターの人が多いのでは、と思います。

私も自分自身の29歳の時の就職活動を思い出すと、焦りからかえって面接も失敗したり、手当たり次第に応募出来る会社の求人へ応募してしまって大変になってしまったりと失敗が多かったですね・・・。

最初は余裕があったんですよ、少しは。
本気で就職活動に取り組めば、自分ならどこか採用してくれるはずだ、と勝手に思っていたんですね。

でも、現実はやっぱりそんなに甘いものではなかったです。

自力での就職活動は全て不採用の連続、失敗です。
最後はもうどうしようかと。

1年制の専門学校に入り直して勉強、形ばかりの新卒として改めて就職活動をしようかな・・・と悩みましたが、それも入学費用とか、1年間の学費がかかります。
そんなお金、フリーターには出せませんでした。

結局、就職活動のやり方を変えて、ギリギリ30歳を前に就職する事が出来ました。

フリーター向けに就職支援サイトっていくつもあります。

そうした就職支援サイトに登録、就職相談、求人紹介をしてもらい応募書類の作成、面接対策などサポートを受ける事にしたところ、少し時間はかかりましたが、正社員就職をする事に成功しました。

⇒ DYM就職

をメインに利用しましたが、他にも色々な就職支援サイトがありますよね。

⇒ ジェイック

⇒ 就職Shop

⇒ ハタラクティブ

ハローワークも最初、利用してみましたがあまり効率は良くなかったです。
求人先の会社の詳しい情報もあまり得られないし、ずっと募集をしている企業もあってそれってちょっと怪しいですよね?

ずっと人手不足?離職率が高い?とか思ってしまいます。

あまり時間が無いという焦りの中での就職活動。
変なこだわりは捨てて、最初から効率の良い就職活動をすべきと思いますね。

自分なら大丈夫、といった思い込みは、就職には邪魔なだけなのかなとつくづく後から思いましたよ。

就職活動は30歳を超えると、また難しくなりますからね。

30歳って色々な意味で区切りです。
これからの人生、親の介護、結婚、将来の子供など、自分の老後も考える事も増えてきました。

60歳から老後、とは今は言いませんけれどもう老後まで半分くらいですからね。

30歳を前に、あまり時間が無い29歳からの就職。

遠回りをしたくない20代の方の就職活動、それこそ29歳の就活で30歳の誕生日が近い方、短期間で正社員就職したい場合の就職活動など、色々な事情もあると思います。

私の就職活動の経験も踏まえて、20代後半、29歳フリーターから正社員就職するためのポイントについて、色々と書いていこうと思います。

20代後半 就職活動、成功のポイント

20代後半の就職活動ですが、やはり企業側からは厳しく採用試験されることが多いと感じます。

それは当然ですよね。

22歳と29歳のフリーターと求人に応募してきたとして、同じに見てもらえるはずがありません。
アルバイト経験かもしれませんが、人生経験を積んでいる29歳に対しては受け答えや人間性などより厳しく見てしまうのは当然と言えます。

また、これからどうしたいのか、といった事も深く聞かれる事が多かったですね。

就職活動を通して、20代後半のフリーターが正社員就職するために抑えておきたいポイントについて、先にまとめてみたいと思います。

年齢を意識する

今まだ26歳くらいだと、あまりそこまで切羽詰まった感じも無いかもしれませんが、28歳、29歳ともなれば、このまま就活が上手くいかない場合、30歳を超える可能性があること。

あまり遠回りしている時間が無い事を意識する事が大切と思います。

フリーターとしてアルバイトを頑張っていると、結構1年って早く過ぎる気がします。
就職活動とアルバイトをしていると、さらに時間が早く過ぎます。

採用試験に落ちてばかりいると、どうしてもモチベーションも落ちますが、しっかり気分転換をして次の求人を見つけて応募していく事が大切です。

仕事を選びすぎない

人によっては、就職するのなら興味のある仕事に就きたい、と仕事を選ぶ事もあると思います。

しかし、20代後半のフリーターが仕事を選びすぎると、良い結果にはならない事が多いようです。
正社員として就きたい仕事が未経験歓迎の求人が多いなら良いのですが・・・

そうでは無い場合も多いですよね。
その場合、あまり就きたい仕事にこだわると、ずっと就職先が決まらない可能性が高いです。

仕事を選びすぎず、「正社員になりやすい仕事」を狙って就職活動をする事も大切と言えます。

職歴を作るための就職、と割り切ることも必要

考え方ですが、最初の就職先を「職歴を作るための就職」と考える事も必要と思います。

特にやりたい仕事が無いから、フリーターを続けるという考え方は危険です。

職歴が無いとこの後の30代、さらに就職・転職が困難になります。
やりたい仕事では無かったにしても、職歴があると転職がしやすいです。

仕事をしている間に、本当にやりたい仕事、転職したい業界・職種が見つかるかもしれません。

ずっとフリーターでいることこそ、危険です。

フリーターから正社員就職する事を、職歴を作るための就職と考える事も大切なポイントかもしれません。

自力での就職活動にこだわらない

就職活動の仕方は幾通りもあります。

就職成功率が高い方法を選ぶべきです。

人に相談するのはカッコ悪い、仕事探しの悩みを相談するのはちょっと・・・と言っている場合ではありません。

フリーター専門の就職支援サイトを利用するメリットは多いです。

本当に未経験歓迎、フリーターOKの正社員求人を紹介してもらう事ができるのですから。

就職支援サイトを利用するデメリットの方が少ないと思いますよ。

年齢が上がるにつれて、就職活動も難しくなっていきます。
特に29歳の就職活動は結構、気持ちが折れそうになる事も多いと思います。

時間が無くて焦る事もありますし。

自力での就職活動にこだわらず、内定を得るために就職成功率の高い就活方法を選ぶべきと思います。

29歳、後が無いフリーターからの正社員就職にオススメ就職支援サイト

29歳の就職活動、先ほどもご紹介しましたが、自力での就職活動にこだわらず就職成功率の高い方法を採ることをオススメします。

就職支援サイトに登録、就職相談、求人紹介をしてもらい応募書類の作成、面接対策などサポートを受けると、やはり選考の通過率も上がりますよね。

面接もしっかり受け答えが出来るようになってきます。
もし面接試験に落ちたとしても、その理由・原因をフィードバックしてくれますから、次の試験に浮かすことが出来るんですね。

⇒ DYM就職

⇒ ジェイック

⇒ 就職Shop

⇒ ハタラクティブ

対応エリアも違うので、地域に合わせて利用してみてください。

フリーター向け就職支援を利用するメリット

フリーター向け就職支援サイトを利用する方法は。フリーターが正社員就職を目指す方法として、最も就職成功率が高い現実的な就活の仕方といえると思います。

就活アドバイザーが担当についてくれますから、時に相談をしたり、悩みの解決にアドバイスをもらう事も出来ます。

適性のある仕事、会社からの求人紹介を受けて応募、面接を受ける事が出来ます。

面接日の日程調整も、代行してくれます。
アルバイト先のシフトを変えてから担当のアドバイザーに連絡して、調整してもらえます。

求人数こそ、求人サイトを利用して自由に応募するときよりは少ないですが、その分、求人の情報の質は高いですね。

求人先の詳しい情報がありますから、それもあって就職成功率が高くなるのだと思います。
企業が欲しい人材に合わせて、志望動機を作ったり、面接対策を進めることが出来るはとても大きなメリットではないでしょうか。

本当に未経験歓迎、フリーターOKの正社員求人を紹介してもらえるのも、大きいと思います。

フリーターから正社員になりやすい仕事について情報を得る事も重要!

こうしたフリーター専門の就職支援サイトを利用していると、未経験やフリーターから正社員になりやすい仕事の傾向が分かってきます。

29歳、職歴無し、社会人経験無しからでも目指せる正社員の仕事。

自力での就職活動を続けていたら、もっと時間がかかったかもしれません。

時間が無い、早く就職先を決める必要があるフリーターの方は、フリーターから正社員になりやすい仕事について情報を得つつ、就職活動を進める必要があると思います。

最短で1週間程度で内定まで行ける就職支援サイトが多いです。

通常は、平均して1ヶ月~1ヶ月半くらいの就職活動の期間を見ておくと良いです。

1ヶ月後には30歳の誕生日!といった場合も、求人が少ない8月や12月などだと厳しいかもしれませんが、頑張れば就職先を見つける事は出来るのではないでしょうか。

フリーターからの正社員就職には、就職成功率の高いこうしたフリーター専門の就職支援サイトの活用をオススメしたいと思います。

最新記事

仕事探し リンク